Takapedia

画像は愛犬の「アレク」

自己啓発。たとえばオナ禁。

自己啓発って自意識の過剰な肥大化によるいわゆる「自信」の構築につながるんだとおもう。けど自己啓発をすることで何かがうまくいったりするわけがない。

僕なんか公務員試験の合格達成を目標軸に生活をしているつもりだが、自己啓発をすることによってどうしても神頼み的なそういう部分がでてきてしまって、本当にやらなきゃならない「勉強」って部分への精神資源および時間資源の振り分けが出来なくなっている気がするんだよな。

自己啓発みたいなのは自信がない人にはマジでおすすめだけど、何かしらの明確で達成すべきである目標地点があるような人にとっては割とノイズでしかない気がするな。

自己啓発、有効だけどすべてに有効な人間の核となるものでもないのではないかな。

人生は変わらないのではないか

人生って努力によって変わらないんじゃないかな。

いやもしかすると変わるのかもしれない。けどその人が持つなんというか「特性」や「ランク」からはずれた変化というものは見込めないと思う。

人間には何かしらの階層があって、その階層の中での自分をより磨いていくことしかできないのではないかと思う。普通に生きてたら人生に変化を起こすことは確実に不可能だと思う。なぜ不可能だと思うのかという部分に関しては、自分が今まで見てきた人たちが変化できてないからだ。自分も含めてね。

いもむしがさなぎになって蝶になるように、人間にも変化するチャンスがあってほしい。本当にそう願う。変わりたいのに変われない葛藤を抱えたまま生きていたくない。

やりたい

やりたい。とりあえずいろいろとやりたい。

例えば何をやりたいのかって言うとオナニーとかセックスとかしたい。

最近ずっと禁欲しててムラムラして仕方がない。

頭の芯から快楽が突き抜けていくような性行為がしたい。

 

そのほかは何がしたい?

享楽的な趣味におぼれたい。インターネットや映画アニメなど受動的に娯楽をむさぼりつくしたい。エロ動画とかめちゃくちゃみて知能指数を物凄く下げたい。

 

公務員試験の勉強はやらなきゃいけないけどやってない。

なんでやらなきゃならないのかというと、自分を違う人生のステージに立たせるため。どういうステージなのかというと、、知的かつモラルのしっかりとした理性的な世界。理性的な世界に立ちたいにも関わらず僕は性的な事ばっかり考えている。

 

自分がいやだ。何も進歩しない自分が本当にいやだ。同じところをぐるぐるぐるぐる回っている。ダサい自分からは逃れられない。人生を変える力がない。そもそも自分にとって人生を変化させることはなにもしていないのかもしれない。というかしていないからいまこうやって苦しんでいる。

近況報告

禁煙まだ続いてます。

おそらく一生吸わない事でしょう。

禁煙してから何やら頭がふわふわしています。

ネガティブなイメージもとくになくなりましたが

何かに執着をするという心が消えているような気がします。

 

今までは何かに飢えたように何かを求めて奔走してたような気がしますが

非常に今は穏やかな気分です。

穏やかすぎて逆に不安になっています。

 

悪習慣を取り除く一環で禁欲も始めました。

いわゆるオナ禁ですね。これもなかなかしんどいです。

モテるためにとかじゃなくて

より充実した人生を送る為の一歩だと捉えています。

 

ブログもしばらく更新していませんでした。

自分を振り返るのは大事なのにあまり継続できないなあ。

否定癖は悪い習慣

こんばんは。

最近悪習慣を取り除いて全盛期を取り戻したがってます。

禁煙とかしてます、えらい。

 

悪習慣について新しい「やめるもの」を思いついたのでブログに書いておこうと思いました。

「否定癖」

これを

「肯定癖」

にかえていきます。

 

ベクトルチェンジ。

えらいねじぶん。

禁煙してます。

禁煙してます。

9月の終わりごろから禁煙してまして、ただいま2週間と少し経過してるぐらい。

なぜ禁煙をはじめたのかというと、全盛期の自分をつくりだすため。

自分の中での全盛期は高校生の頃。その頃は世間知らず的な部分もあるが、割となんでもできるというセルフイメージがあった。

健全な心は健全な体に宿るという言葉がある。

今はそれに乗じて全盛期の自分の生活や考え方に戻していくよう意識している。

その中で当時自分がやっていなかった「悪習慣」を払しょく。その主たるものが「たばこ」であったため禁煙している。

 

現状禁断症状のせいか、頭がぼーっとしていたり自分の感覚というものが薄れてきている。

かなりしんどーい状態なので、なんとか健康的な状態になっていければなと思う。

 

いまやるべきはなにか

今日は休日出勤の代休だったので街中をぶらついていた

ぼくはいま仙台に住んでいる。

仙台って思ってたより都会で思っていたよりつまらなかった。

街中を歩いていてもお遊戯のような刺激しかなく、僕を酔わせるようなものは目に入らない。

長い間町を歩いていたが、退屈とともに「今自分がすべきこと」って何なんだろう?それを見つけなければいけないのではないか?という想いが降りてきた。

なにしたらええんや。